粕屋郡志免町のえとう眼科クリニック

角膜矯正オルソケラトロジーレンズとは

最新の近視治療法であるオルソケラトロジーとは、2009年に日本の厚生労働省で承認され、FDA(米国連邦食品薬品局)、FAA(米国連邦航空局)でも承認されている治療法で、寝ている間に特殊な高酸素透過性用ハードコンタクトレンズを装用し、やさしくゆっくりと角膜を正常な形状に矯正する治療法です。
朝起きてレンズを外すと、視力が一時的に回復し、日中は裸眼の状態で過ごせます。

オルソケラトロジーとの詳しい説明

オルソケラトロジーは、英語でOrthoKeratologyと書き、角膜矯正学という意味になります。

オルソケラトロジー治療では、特殊なコンタクトレンズを眠っている間に装着し、網膜上でピントが合うように角膜自体を矯正する治療法です。角膜の矯正を行う治療法なので、大人に比べて角膜が柔らかいといわれる若い人には特に効果的です。
そのため、年齢制限のために近視矯正手術(レーシック手術)を受けることができない18歳未満の若い人の近視矯正の治療法としてオルソケラトロジー治療をおすすめしております。

軽度、中軽度の近視(視力0.05〜0.1程度の方)であれば2週間もあれば視力が0.7〜1.0まで回復します。個人差はありますが、1週間ほどで近視改善の効果が実感できる治療法です。

このような方におすすめです

  • O 職業上、メガネやコンタクトレンズの装用が難しい特殊な職業に就いている方、ホコリが多い環境や、風邪が強い環境で仕事をしている方におすすめです。
  • O ラグビーやサッカーなどの接触協議や、野球などの砂塵の多い野外競技のスポーツ中の矯正法としておすすめです。
  • O 寝ている時に装用するため、異物感やゴロゴロ感がほとんどありませんので、お子様にもご使用いただけます。
  • O ドライアイや、軽いアレルギーの方にもご使用いただけます。

診療の価格とお支払い方法に関して
治療費・・・15万円
※治療費として、レンズ(両眼)、初回ケアキット、3ヶ月の検診料を含みます。

また、当院では、初めの1週間をお試し期間として、1万円にてオルソケラトロジー治療をお試しいただけます。ご納得いただき、引き続き治療をされる場合はのこりの14万円をご入金いただきます。

なお、お試しされた後、引き続きの治療されない場合は、1万円にて治療を中止することができます。

オルソケラトロジーは英語でOrthoKeratologyと書き、角膜整形学という意味になります。オルソケラトロジー治療では、特殊なコンタクトレンズを眠っている間に装着し、網膜の上でピントが合うように角膜自体を矯正する治療法です。

角膜矯正オルソケラトロジーレンズのメリット

オルソケラトロジーの最大のメリットは、日中にメガネやコンタクトレンズを装用しなくても裸眼の状態で生活できるということです。
レーシックのような外科的な治療ではないため、装用を中止すると角膜は元の状態に戻ります。視力の回復効果を維持するためには、毎日装用を続ける必要があります。
昨今、近視進行の抑制効果があると言われているため、お子様にも有効な手段です。
適応年齢は10歳から65歳くらいまでと幅広い年齢層が治療の対象です。

オルソケラトロジー治療の流れ

※ご予約制です。

医療法人 耕真会
えとう眼科クリニック
  • 〒811-2244
    福岡県粕屋郡志免町志免中央4-7-30
  • TEL: 092-935-2366
診療時間
月~土: 9:00~12:30
14:30~17:30
火曜日の午後は手術
土曜日の午後は休診
休診日: 日曜・祝日

Loading...

  • えとう眼科
  • 粕屋郡
  • 糟屋郡
  • 志免
  • 須恵
  • コンタクト
  • 日帰り白内障手術
  • オルソケラトロジー
  • 近視矯正
  • 視力回復
  • ものもらい
  • 白内障
  • 緑内障
  • 糖尿病網膜症
  • 眼底疾患
  • アレルギー性結膜炎