寝ている間に視力回復!手術不要の近視矯正治療

オルソケラトロジーレンズ

オルソケラトロジー
レンズのしくみ

コンタクトレンズで矯正治療。手術をしないから安全・安心です!

オルソケラトロジーのメカニズム

●レンズ内のカーブでやさしく矯正します。

オルソケラトロジーはコンタクトレンズで角膜自体を矯正するので「角膜矯正療法」や「角膜コルセット矯正」とも呼ばれています。この治療では、レンズ内面に複数のカーブを施した酸素透過性ハードコンタクトレンズを使用します。レンズ内のカーブが優しくゆっくり角膜を整えます。就寝前に装用し、寝ている間にレンズが角膜を矯正し、「コルセット効果」によりレンズを外した後も、角膜はその形を長時間キープするので日中は裸眼で快適に生活する事が出来ます。ただし、レンズの装用を中止すると、角膜が元の状態に戻り始めるので、視力が低下します。

角膜の厚さは約0.5mm。中程度の近視の方なら角膜の形を10%変化させるだけで矯正出来ます。ちなみに日本人女性の毛髪の太さは平均0.08mm。髪の毛1本分の変化が視力矯正に効果をもたらします。 近視度数が弱いほど、角膜の変化は少なくて済むので効果が現れやすいです。特に角膜が柔らかく新陳代謝が活発な若い方たちにも効果的な矯正方法です。

就寝前の近視状態。
就寝中は特殊なカーブで矯正。
翌朝も矯正された状態を保持。

●200種類以上のレンズから最適なものをお選びいただけます!

オルソケラトロジーで使うコンタクトレンズの内面は複数のカーブから成り立っています。夜眠っている間に装用することで、角膜自体を矯正します。そして朝起きてコンタクトを外してみると矯正効果が現れているというわけです。

オルソケラトロジーでは、200種類以上のトライアルレンズの中から患者さんそれぞれの眼に合うように医師が選んだ最適なレンズを装着して頂きます。通常のハードコンタクトレンズは角膜の中央部分の一ヶ所で合わせるだけですが、オルソケラトロジー用のレンズでは角膜の中央と周辺部分、その中間部分の3ヶ所で合わせますので、眠っている時にズレたり外れたりする心配はほとんどありません。